女性がいいにくい痔の話

女性の多くが実は悩んでいるのが「痔」です。
痔と女性は密接した関係にあります。
それはなぜか…それは出産を経験した女性に痔が表れやすいからです。

17.デリケートな女性の健康に関する悩み「痔」

女性の健康に関するもとはさまざまなこともがあります。
女性器官の病気の問題、そのほか女性に関する健康の問題は多いものです。

しかし、女性の問題として一番といっても良いのが痔の問題です。特に出産をした女性に関しては痔を多く経験した方が多いです。

と、いうのも出産をする女性は自然分娩の場合、赤ちゃんを産むときに力をこめていきみます。
その影響で、痔が出てしまう場合があるのです。
脱肛といって肛門が飛び出してしまう場合もあります。

出産後は痔が出てしまってふつうに座ることもできない方もいます。
ドーナツ型のイスが置かれている産婦人科が多いのはそのためです。

出産でできる痔はいぼ痔であることが多いのですが、そのほかにも痔はあります。実は一番できやすいのが切れ痔と呼ばれるものです。

切れ痔はトイレのときに排便をしたときに痛みを感じ、拭いてみると鮮血あついている場合があります。
肛門の横が切れている場合には切れ痔ということになります。
固い便や大きな便がでたときに起こってしまうことが多いです。
基本的には自然に治ることができますが、それでも治らなかったり頻発する場合には、
違う病気が隠れていることもありますので、受診してください。

いぼ痔の場合は内側と外側の場合があるのですが、ぷっくりと膨れ上がった痔になります。出産のときは便秘になる方が多く、それによってできてしまった痔が出産とともに出てきてしまうこともあります。

出産によって痔ができてしまった場合には、軟膏をもらって痔を治すことが大切です。
そのほか、便秘がひどくいきむ回数が多い方もなりやすいので注意しましょう。
なんだかちょっとおしりに違和感を感じる…となったとき、痔が出てしまってる場合がありますから、チェックをしてください。