皮膚科でニキビを治すから安心!炎症がひどくなったら必ず皮膚科に通おう

ニキビは皮膚科で治療することができます。

15_R

炎症を起こす前のニキビは自宅でのセルフケアでも治療することが可能ですが、炎症を起こしたり、膿んでしまったニキビは皮膚科を受診することをおススメします。もし、炎症を起こしたニキビを放っておけば、ニキビが悪化したりニキビ跡が残ってしまう原因にもなるからです。
皮膚科でのニキビの治療方法とは?
ニキビの状態や皮膚科の方針によって使用する薬は異なります。例えば、炎症を起こしたニキビに効果的な抗生物質(飲み薬・塗り薬)、毛穴の詰まりを取り除くことができる外用レチノイド、専用の器具を使って皮脂や角質を除去する方法、ビタミン剤、漢方薬など様々な方法があります。

薬が処方されることがほとんどですが、自分のニキビの状態に合わせて処方してくれるので安心ですよね。

15-2_R

皮膚科での治療は保険がきくから安心

美容皮膚科や美容外科、エステサロンなどでニキビの治療を行おうと思うと、保険適応外なので、高額な治療費がかかる可能性があります。しかし、皮膚科の場合はほとんどの治療方法が保険が適応します。診察費や薬代などで2000円前後で診察してもらえるでしょう。

ただ、皮膚科で採用しているレーザーやピーリング、イオン導入などを使う場合は、保険適応外なので注意しましょう。

皮膚科でのニキビ治療を行うメリット&デメリット

 メリット
皮膚のスペシャリストがいるので安心してニキビの相談ができます。また、保険が適応するのでエステサロンや美容皮膚科などで数万円かかる治療費が1000~2000円で済むところも魅力的です。

 

 デメリット
軽度のニキビは比較的短期間で治療することができますが、炎症があったり、ニキビ跡がヒドイ場合は長期的に通院する手間がかかります。短期間での治療を望むなら保険適応外の治療方法をお願いするといいでしょう。

 

ニキビを治療する時は、ニキビの状態や希望の治療期間、費用などを考慮してどのようにニキビを治していくかを決めるといいでしょう。