冷えは女性の健康の大敵!原因を考えよう。

冷え症に苦しむ女性たちは多いのではないでしょうか?
年齢を重ねてから、冷えに悩まされるようになった女性も多いと思います。

15.女性の健康の多大なる影響を及ぼす憎き「冷え」!

手足や腰などの冷えを感じてしまう女性が多く、冬はもちろん暑い猛暑中の夏も冷えで悩んでいる方たくさんいます。
冷えの原因から考えてみましょう。

 冷えの原因

冷えの原因は、体内の熱が体中にうまく伝わっていないことが原因です。
手足への循環ができていないことで、冷えとつながってしまいます。

人間の体は冬になり寒くなると、毛細血管が閉じて体内の熱を逃さないようにと働き、夏になると身体の中が熱くなりすぎないように身体の外に熱を逃がします。しかし冷えがある方はこのサイクルがうまくいっていない場合が多く、一年中手足などが冷えている状態になってしまいます。

  熱がうまく生産されていない

体温を作っているのは主に筋肉です。なんと熱の60%は筋肉でできています。
ですから、運動不足になってしまうことで筋肉が発達しなくなり活発に動くこともないので、熱が生産されなくなってしまいます。
もちろん筋肉が育たない原因として栄養不足も考えられますから、栄養にも十分に気を付けなければいけません。

  熱の循環が悪い

心臓がドクンドクンと動くことによって血液が体内に流れていますが、この流れが悪くなることで体のすみずみまで熱が運ばれなくなってしまいます。
特に足については動脈硬化などが原因で冷えを感じる場合も多く、血流によって冷えが出やすい場所です。

  体温のコントロールができていない

人間の平均体温は36.3前後ですが、その体温に保てることができるのは、自律神経が大きく関係しています。
その自律神経に乱れが起こると低体温になってしまったり、平均体温が上がってしまったり、毎日バラつきがある体温になってしまったりします。
ストレスでも乱れやすいので注意が必要です。

冷えの原因を考えよう!
このように大きく3つの原因が考えられます。この原因から自分の冷えの原因を探ってみてください。女性の健康にとって冷えは大敵です。