女性の健康のため良い睡眠を。寝る前のベスト3は?

女性の健康に大きく関係するのが睡眠です。睡眠は人間の基本であり、睡眠時間が足りなくなると身体にトラブルが起きてきて、酷い場合には病気になってしまうことも考えられます。

睡眠がとれていないことで、引き起こす危険は多いですから、睡眠はたっぷりと十分に取らなくてはいけません。

14.女性たちが睡眠前にしてることベスト3

しかし、女性の7割以上が睡眠に関しての悩みを持っているといわれています。みなさんは何時間睡眠をとっていますか?

近年、女性が今までよりも働くことが増えてきています。結婚や出産をしてもフルタイムで働いているといった女性や、結婚や出産はせずとも自分で働いて生計を立てている女性、家事や子育てで一日中家の中で働いている女性など、女性たちは日々忙しく駆け回っています。

忙しくて寝るのが遅く、起きるのが早いといった生活を送っていませんか?睡眠時間を削ってしまうような生活では女性ホルモンのバランスが乱れてしまう原因になってしまいます。

睡眠時間は平均8時間というのが一般的な理想です。しかし、現代の女性たちは少ない場合で一日平均4時間といった方もいるほど睡眠時間が減っています。

仕事が遅くまである、家事が終わらない、子供が寝てから自分のことをするので時間が足りないなど、時間の配分が崩れてしまっている現代の女性たち。しかし、睡眠時間が取れないとなるならば、その睡眠時間の質だけでも良くしませんか?

睡眠時間の質とは?
当たり前ですが、ぐっすりと眠るということです。せっかく寝ても、何回も起きてしまうような睡眠はぐっすり眠れていません。ちょっとした物音で起きてしまったりするような眠りでは疲れはとれません。

睡眠前の行動で眠りの深さが違うと考えられていますが、みなさんはどんなことしてから寝てるのでしょうか。女性に多い睡眠前の行動ベスト3をあげてみましょう。

 第3位 お風呂に入る

睡眠前にお風呂に入るという方は多いですよね。睡眠につなげる入浴方法としてはあまり長いお風呂ではなく、身体を洗ってぬるめのお湯にゆっくりと浸かってから寝るようにしましょう。

 第2位 本を読む

ベッド横のスタンドの明かりをつけて、本を読んでいる人が多いです。目が悪くならないように明かりに気を付けましょう。本の内容の先がきになるからといって、夜更かしにならないように。適度に本を読むのであれば良いでしょう。

 第1位 携帯電話・スマホを操作する

携帯電話をいじってゲームをしたりSNSを楽しんだり、メールをしたり、インターネットを見たり…といった女性が圧倒的に多いのです。
ですが、これは睡眠を妨げてしまいます。

暗い中で携帯画面の液晶を見ることは目のトラブルにもなる可能性も高くなり、さらに目が覚めてしまって心地よい睡眠には入れません。

ですから、携帯電話でネットサーフィンなどをするのでしたら本を読んだようが良いでしょう。