ステロイドを使ってニキビを治す正しい方法

ニキビに効く薬としてステロイドが挙げられます。

10-2_R

ニキビにステロイド薬を塗布することについて意見はたくさんあります。それは「副作用」に関する内容です。

「体に蓄積される」
「塗るのを辞めると赤くなったり、腫れるなど悪化する」
「皮膚が変色する」

このような噂が出回り、ステロイドの使用を留まる人は多いようです。

しかし、このような副作用は正しい使用方法を守っていれば起こることはないので安心して下さい。逆に、ステロイドを正しく利用することで、ニキビの炎症を短期間で抑えることができるので、是非活用してもらいたいアイテムですね。

ステロイド薬の正しい使用方法

10_R

必ずニキビ周辺を清潔な状態にしてから塗布して下さい。1日2~3回を目安に使用するため、朝の洗顔後や夜のお風呂上がりなど、肌が清潔な時を狙って塗るようにします。スキンケアを行う場合は、化粧水や乳液などの上からステロイド剤を塗ります。

 


塗る時は、患部に薬を押しつけたり、強くこするとニキビの炎症が悪化する可能性があります。優しくなでるような優しい力で塗ったり、ガーゼに薬をつけて覆うなどします。あまりに酷く膿んでいるニキビは素手で触らないようにしましょう。

 


ステロイドは短期間でニキビの炎症を抑え、治療することが目的です。1週間以上たっても効果が見られない場合は、皮膚科を受診するようにして下さい。

 

使用方法を守ってステロイドを使用すると、短期間でニキビが改善できるでしょう。

全く副作用がないというわけではない!?

体質やステロイド剤の強さなどにより、ニキビの治療以外に副作用が現れる場合があります。

 高コレステロール血症
 骨粗しょう症
 糖尿病の誘発や悪化
 頭痛
 脂肪肝
 静脈炎
 不眠

しかし、このような副作用はステロイドの使用方法を守っていない時に起こります。ステロイドは正しく使用すればニキビを治す魅力的な薬ですが、一つ使用方法を間違えると人体に悪影響を及ぼすことを覚えておかなければいけません。