シミのように残ってしまったニキビ跡を治すには時間がかかる!?早く色素沈着ニキビを治療する方法

ニキビが原因で色素沈着してしまう可能性があります。

8

ニキビ跡には、『赤み』『色素沈着』『クレーターのような凸凹』があります。跡ができてしまうと、完治するには長期を覚悟する必要があります。ここでは、『色素沈着』のニキビ跡を治す方法を紹介していきます。

色素沈着の色の種類によって原因が違う

 紫っぽく、赤黒い色のニキビ跡
血液中に含まれるヘモグロビンが原因で起こる色素沈着です。炎症が起こったニキビにより、真皮まで傷つくと、毛細血管が破壊されて出血が起こります。ヘモグロビンは酸素から離れると赤みがなくなり紫色に、さらに時間が経つと赤黒くなる性質があるのです。

 

 茶色のニキビ跡
こちらはメラニンが大きく影響しています。メラニンは日焼けやシミの原因などを連想させますが、本来メラニンは皮膚を守る役割を持っているのです。ニキビにより傷ついた肌は活性酸素を発生させ、炎症を抑えようとします。

しかし、それとは逆に活性酸素はメラニンを過剰に生成してしまう性質を持っているため、余ったメラニンが肌に定着して茶色く見えてしまうのです。

 

色素沈着を改善する方法はあるの?

ハイドロキノン配合のスキンケアを使う

『肌の漂白剤』と呼ばれるほど、美白効果が高い成分です。ハイドロキノンはメラニンの生成を防止する働きがあるので、色素沈着を改善することができます。使用の際は『夜』使い、日中使用する場合は紫外線に当たらない工夫をしましょう。

ピーリングで肌のターンオーバーを正常にする

専用のケア用品を使って、皮膚に溜まった古い角質を除去し、表皮の細胞を活性化することができます。肌の機能が正常に働くとターンオーバーが整い、自然にメラニンを外へ排出してくれるのです。ピーリングのほかにも、生活習慣や食生活の改善からも、ターンオーバーを正常化することができます。

ニキビ跡による色素沈着は『シミ』などの肌トラブルとほとんど変わりありません。美白ケアやレーザー・光治療、生活習慣や食生活の改善などを中心に試してみるようにしましょう。