ニキビをつくらないために 効果的な洗顔のポイント

ニキビ予防をするためには、とにかく肌を清潔に保つことが大切。しかし、それを意識しすぎて1日に何回も洗顔をするのは絶対にNGです。それでは、どのような洗顔方法が効果的なのでしょうか。

 洗顔は1日2回まで!
洗顔は肌の汚れだけでなく、肌に必要な油分や潤いまで落としてしまいます。洗顔で油分をを失った肌は、潤いを取り戻そうと自ら油分や皮脂を大量に分泌し、その結果毛穴が詰まってニキビとなるのです。ですので、肌の潤いを奪い過ぎない為にも、洗顔は1日2回までと決めておきましょう。

 ぬるま湯を使うことで毛穴が開く
洗顔の時、起きぬけの朝や、夏場の暑いときであれば、つい冷たい水で顔を洗いたくなってしまいますが、効果的に洗顔したいのであればぬるま湯を使うのがベターです。

暖かいお湯が触れることで毛穴が開き、詰まった皮脂や汚れを効果的に洗い流してくれるのです。もちろん毛穴が開いた状態だと、新たな汚れや細菌も入りやすくなっていますから、洗顔前にしっかりと手を洗い、清潔にしておくことも重要です。

 しっかり泡立てたきめ細かい泡に
018
洗顔の時は、洗顔石鹸やクリームを、しっかりと手のひらの上で泡立ててから使いましょう。肌の一番の大敵は刺激で、強い刺激や細かい傷がニキビの原因になってしまいます。

きめの細かいやわらかい泡で洗うことで、そうした刺激を軽減することができるのです。泡立てネットなどを使うのもいいですが、ネットはこまめに洗わないとバイ菌の巣窟になってしまうので気をつけましょう。