ニキビ予防に効果的な野菜の食べ方と選び方

ニキビに悩んでいる方は、日頃の食生活から見直してみましょう。今回は、ニキビを予防するための、野菜の食べ方と選び方をご紹介します。
017

美容のためには温野菜を

野菜を食べると、肌をはじめとして美容にいいというのはよく知られていることですよね。けれども、いくら美容に効くからと言って、生の冷たい野菜ばかりを食べるのは、実はあまりよくないんです。

冷たい野菜を食べると身体を内側から冷やすことになり、血行や代謝が悪くなるのです。身体を冷やすことなく、野菜の栄養は摂りたいのであれば、生野菜ではなく温野菜のサラダなどが最適。茹でたり蒸したりして、有効な野菜の摂り方をしてくださいね。

ニキビ対策には緑黄色野菜

緑黄色野菜は抗酸化作用という女性の味方のはたらきを持っています。血行を悪くし、老廃物をためこんでしまう原因の活性酸素という物質を、緑黄色野菜に含まれる活性酸素が分解してくれるのです。

活性酸素によってためこまれた老廃物が皮膚に詰まることでニキビの原因となりますから、ニキビ予防をしたければこの抗酸化作用が大きなポイントとなるのです。緑黄色野菜で、きれいな血液、きれいな肌を目指してください。

ビタミンCが黒ずみを予防

皮膚が黒ずんだり、茶色いニキビ跡ができてしまう原因は、メラニン色素という色素が皮膚に沈着してしまうことにあります。ビタミンCには、このメラニン色素が増加し、肌にシミや黒ずみを作るのを抑制してくれるはたらきがあるのです。

ニキビ跡ができるのを防ぎたければ、このビタミンCを多く取ればいいというわけです。ビタミンCは、柑橘類のフルーツのほかに、ピーマンやブロッコリーなどの野菜にも含まれているので、是非食べてきれいになってくださいね。