一度できたらなかなか治らない?!あごにニキビができる衝撃の理由

ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりですが、本来ならあごというのは皮脂の分泌があまり多い部分ではなく、おでこや鼻に比べるとニキビの発生しにくい場所であると言えます。それでも、あごにニキビが繰り返しできてしまうという人には、盲点と言える驚きの理由が考えられるのです。
016

虫歯がニキビの原因?!

虫歯が悪化していくと、歯ぐきに膿がたまったり、ガスが発生したりします。歯ぐきの状態によっては、そうした膿やガスは閉じ込められて口内へ出ることができず、皮膚を通って毛穴から出て行くのです。

衝撃のメカニズムですが、こうした仕組みで実際にあごにニキビができてしまうと、表面よりもずっと深いところに原因があるため、いくら洗顔しても治らないのです。いつまでも繰り返すあごニキビに悩んでいるなら、歯医者に行って虫歯を治療しましょう。

内臓疾患による肌トラブル

内臓疾患がある場合、消化不良によって新陳代謝が悪くなったり、腸のはたらきが弱まって便秘になったりします。便がうまく排出されていない状態だと、排泄の代わりに皮膚から油分を排出しようとするので、皮脂が詰まり、ニキビになってしまうのです。

生活習慣の乱れで慢性的な内臓疾患を抱える人はとても多いので、まずは自分の食生活を見直してみましょう。深刻な場合は病院に行って治療を受けることで、肌のトラブルまで改善できるかもしれませんよ。