エアコンによる空気の乾燥にも注意!ニキビができる理由と対処法

乾燥は肌の大敵です。肌が乾燥してカサカサになっているときに、潤いを補おうと皮脂や油分を過剰分泌してしまうことで、それが毛穴につまってニキビになってしまいます。

乾燥した空気は、乾燥肌の人にはもちろん、あぶら肌の人にとっても、大きな敵なのです。エアコンのついた部屋の空気は、暖房でも冷房でも、非常に乾燥しています。日常的にエアコンのつけた環境で過ごしていると、肌を常に乾燥した空気にさらすことになり、ニキビの原因の1つとなってしまうのです。

温度差によるストレス

暑い屋外から、急にクーラーの効いた部屋に入ったり、寒い屋外から、暖房の入った暖かい屋内へ帰ってきたり…といった温度差は、肌に大きなストレスを与えます。

肌は、自分自身を守るために、自ら皮脂を分泌したり、毛穴を閉じたりしてコンディションを整えています。そうした働きに対し、急激な温度変化というのを与え続けると、混乱して機能が低下し、肌荒れの原因となってしまうのです。

エアコン対策

013
エアコンがニキビを引き起こすと分かっても、職場やオフィスなど、エアコンを避けられない環境にある人も多いと思います。そうした方は、衣服やひざかけなどで温度を調整したり、温かい飲み物などで身体にかかる負担を軽減しましょう。

また、家に帰ってからも湯船にゆっくりつかるなどして身体の血行をよくし、1日の疲労をリセットしてください。こうした試みはニキビだけでなく、自律神経を整えて肌や体調をよくする働きもあるので、ぜひ実行してみてくださいね。