早く・跡が残らずニキビを治したいなら皮膚科がおススメ

できてしまったニキビを、早く・跡が残らずキレイに治すには、自己流の方法で治すよりも皮膚科で治すことがおススメです。
009

ニキビ治療には保険が適用される

皮膚科でニキビ治療をする際、治療の内容にもよりますが、保険が適用されると3割負担で治療を受けることができます。

主に、皮膚科医から生活習慣や洗顔方法などについてのカウンセリングや問診を受け、自分のニキビの症状に合った塗り薬や飲み薬などの薬を処方してもらいます。ニキビの経過を報告するために何度か通院する必要が生じることもありますので、通いやすく信頼のおける皮膚科を選ぶことをおすすめします。

処方される薬について

皮膚科でのニキビ治療は、塗り薬の処方が主となります。毛穴の汚れや詰まりを取り除くはたらきのある外用レチノイドや、炎症を抑えるはたらきのある抗菌剤などが使われます。

市販のニキビ用の塗り薬とは違い、症状をダイレクトに改善する薬ですので、すぐに効果が期待できます。ニキビの進行具合や経過により、皮膚科の専門医がどの塗り薬を処方するか判断してくれるので、確実に自分に合った治療を受けることができます。

自己流より専門医に相談を

ニキビは、誤った自己流の治療法を続けていると、余計に悪化して炎症を起こしたり、ニキビ跡が残ってしまったりします。そうなってしまっては、なかなかきれいな肌を取り戻すのは困難です。

保険治療であれば費用もあまりかかりませんので、早くニキビを治したい場合や、ニキビ跡を残したくないという人は、ニキビができたらすぐに、専門の皮膚科医に相談するのがよいでしょう。