注目!ニキビ予防にもなるスキンケアの基本

ニキビを予防するためにも、基本となるスキンケアとはどのようなものなのかチェックしてみましょう。
007

肌を常に清潔に

ニキビ予防をするための鉄則は、肌をいつも清潔にしておくということです。汗をかいたり、肌にストレスのかかるようなことをした場合は、こまめに拭き取ったり洗い流したりしましょう。

 ただし、ごしごしと洗い過ぎると、肌の油分をとってしまうことにつながります。乾燥もまた、ニキビ対策の大敵ですので、刺激を与え過ぎないよう、やさしく丁寧な洗顔を心がけてください。

乳液よりも化粧水を

もともと乾燥肌で、乳液を使わないと乾燥しすぎるという人を除いて、ニキビに悩んでいるのならスキンケアは化粧水のみにしてみてください。

 乳液やクリーム類は、肌の油分を必要以上に保ってしまうので、あぶら肌やニキビの原因にもなりえます。肌に必要な水分補給は、健康的な肌には化粧水によるスキンケアだけで十分なんです。

長時間のメイク

リキッドタイプのファンデーションや下地は、毛穴を詰まらせ、ニキビができる原因となってしまいます。

 特に、クレンジングをいい加減にいていると、流し残したファンデーションが残ってしまい、毛穴が詰まってしまいます。メイクをしたのであれば、毛穴に汚れが残ることのないように、丁寧にクレンジングをするよう心がけてください。

ニキビ予防のスキンケアのポイント
ニキビ予防をしたいなら、大敵は「乾燥・油分・毛穴のつまり」です。どれか1つでも当てはまってしまうと、ニキビができやすい肌になってしまうのです。適度な保湿と清潔さを保つことが大切です。