ニキビの種類別 原因と対処法

ニキビには、様々な種類のものがあります。それぞれ症状に違いがあり、原因と対処法も異なります。その、種類別の原因と対処法は次の通りです。
006

白ニキビ

毛穴に皮脂が詰まってできる、小さなニキビです。つい、すぐにつぶして皮脂を押し出してしまいたくなるのもこのタイプのニキビです。

 しかし、皮膚の内側ではアクネ菌が増え始めているので、ばい菌などが入って悪化すると炎症を起こし、赤ニキビになったり跡が残ってしまう場合もあるのです。皮膚を清潔に保ち、潤いを与えることで早く治すようにしましょう。

黒ニキビ

白ニキビよりも毛穴が開いてできるのがこの黒ニキビ。メラニン色素が詰まることによる黒ずみや、皮脂が酸化されてしまうことで黒っぽく見えてしまいます。ニキビというよりも吹き出物のように見え、不潔な印象を持つ人も多いでしょう。

 毛穴が開いているので、不適切な対処をすれば跡が残りやすいのがこの黒ニキビです。美肌を目指すのであれば、白ニキビの段階で食い止め、黒ニキビに進化させないことが大切です。

赤ニキビ

白ニキビのように皮脂が詰まった状態の時に、ばい菌が入ってしまうと、炎症を起こしてこの赤ニキビができてしまいます。アクネ菌が活発に活動し、炎症を起こす原因となる菌や物質が次々と作られてしまいます。

 悪化すると黄色い膿がたまった状態になってしまうので、見た目もよくありません。しかし、膿を出そうとニキビをつぶしてしまうと、炎症を起こす物質を周りの肌にまき散らすことになるので、絶対にやめてくださいね。

ニキビと一言に言っても、その対処や状況は様々です。ニキビができたとき、自分がどんな状況なのか、把握したうえで対処してくださいね。