必見!ニキビ予防に効果的な食生活のポイント

ニキビは食生活を見直すことで、予防することも可能です。どのような点に気をつければよいのかチェックしてみましょう。
003

ニキビの原因となる食生活

「お菓子ばかり食べていたら肌が荒れる」「ポテトチップスはニキビの原因」など、なんとなく肌に悪そうな食べ物は知っていても、なぜそれが肌に悪いかご存知ですか?

ニキビの原因は、肌が油分を過剰に分泌してしまうことにあります。そうした油分の分泌となる原因となるのが、糖分や脂肪分なのです。お菓子や揚げ物などを摂りすぎると、ニキビができてしまうというのはこうした理由によるものなのです。

ビタミンCを摂るとニキビ予防に

ニキビの原因は肌が分泌する油分ですが、こうした働きの裏にあるのが「活性酸素」という存在です。活性酸素とは、簡単に言うと身体の内部を酸化させる、つまり錆びた状態に変える働きをしてしまうのです。

ニキビのできる裏にも、この活性酸素が発生してしまうという悪い仕組みに一因があるのです。この活性酸素を食い止めるのがビタミンC。果物やホウレン草などの野菜に含まれるこのビタミンCを摂ることで、ニキビの発生を抑えることができるのです。

ビタミンB群が皮脂の分泌を抑えてくれる

ビタミンB群には、自律神経を整え、過剰な皮脂の生成を抑えてくれるという働きがあります。摂りすぎた脂肪も、ビタミンB群を摂ることで代謝が活性化されます。

これは、ニキビ予防はもちろん、あぶら肌やテカリに悩む女性の強い味方ですよね。レバー、アーモンド、サバなどに含まれるこのビタミンBを摂ることが、ニキビ予防の一環となるのです。