少しでも早くニキビを治すために してはいけない対処法

ニキビができてしまったら、誰でも早く治したいと思うでしょう。しかし、間違った対処法で余計に症状が悪化してしまう場合もあります。どのようなことに気をつけて、対処するのがよいのかチェックしてみましょう。
001

洗顔をしすぎること

ニキビができたとき、早く治したい一心で、一日に何回も洗顔をしていませんか?ニキビの原因のひとつは、肌からの皮脂や油分の過剰分泌だと言われています。

繰り返し洗顔することで余分な皮脂を落としすぎると、肌は乾燥し、余計に油分を分泌しようとするので、治るまでにさらに時間がかかってしまいます。ニキビができたとき、肌を清潔に保つことはもちろん大切なのですが、必要以上の洗顔は避けるようにしましょう。

美顔ローラーやマッサージ

美顔ローラーや小顔マッサージなどを毎日行う習慣がついている人も、ニキビができているときは気をつけましょう。ニキビというのは皮膚の炎症であり、肌に傷口ができているのと同じ状態です。

そんなときに、マッサージで刺激をしたり、ローラーなどの器具についた菌が触れることで、ニキビがさらにひどくなってしまうこともあるのです。美容のためを思うなら、ニキビのできた状態で肌に刺激を与えるのは控えた方がよいでしょう。

拭き取りタイプのメイク落としシート

拭き取りタイプのメイク落としシートは、濃いメイクも簡単に落とすことのできる便利なアイテムですが、毎日使うには肌に負担をかけ過ぎてしまう代物です。洗顔は、摩擦の少ないきめ細かい泡で、こすらずに洗うのが理想的ですが、クレンジングも同じ。

コットンやシートの摩擦は、ニキビのできた肌には強すぎる刺激で、治りを遅くしてしまいます。ニキビを早く治したいのなら、メイク落としシートは我慢して液体のクレンジングを使うようにしましょう。