ニキビとサヨナラ!毎日の食事を見直してニキビのない生活を送ろう!

ニキビは食べ物を見直すだけで改善することも可能です。

2

ニキビを予防・改善するためには、肌を清潔にするスキンケアや生活習慣の改善以外にも、食事内容の見直しで良くなります。

ニキビだけでなく、毛穴の詰まりや肌荒れなどの肌トラブルにも食べ物が大きく影響しています。肌に悪い食べ物により皮脂分泌が異常になりターンオーバーが乱れるなどの理由があります。

ニキビを改善・予防することができる食べ物

 出来ているニキビの悪化を抑え、改善する
 ビタミン群
ウナギやニラなどのビタミンA、グレープフルーツやイチゴなどのビタミンC、マグロやバナナなどのビタミンB6、乳製品やレバーなどのビタミンB2などなど…。

 

 亜鉛
新陳代謝を促進させ、皮膚の再生能力を助ける働きがあります。牡蠣や納豆、抹茶、チーズなどに多く含まれています。

 

 食物繊維
食物繊維により腸内環境を整え、排便を助けます。人の体は、便が腸内に溜まると肌健康が悪くなり、ニキビも出やすくなります。ゴボウや納豆、アボカドなどがおススメです。

 

 ニキビが出来ないように予防する
 ビタミンB6やビタミンB2
乳製品や鮭、納豆、キャベツ、サツマイモなどには、ニキビを予防する働きも持っています。日ごろからバランスよく摂取していると、ニキビのない美肌を保つことができるでしょう。

ニキビを作ってしまう食べ物

基本的に不規則な食生活を送っていると、ニキビがどんどん増殖・悪化してしまいます。特に、油ものが多いファーストフードやスナック菓子は、皮脂の分泌が過剰になり毛穴の詰まりにつながります。不潔な状態になった肌はニキビができてしまいます。必要以上に油の摂取を控えることはありませんが、食べ過ぎには注意したいところです。

2-2

コンビニで売られている既製品やインスタント食品、チョコレート、ケーキ、トウガラシなどの刺激物もニキビを作る食べ物になります。ニキビを心配する人は過剰にこれらを摂取しないようにしましょう。