ニキビの最大の予防法!洗顔のポイント

ニキビが気になる…という方は、まずどんなことをニキビ予防として実践しているでしょうか。ニキビに効く薬を購入することですか?サプリメントを飲むことですか?食事に気をつけることですか?

ニキビが気になるのであれば、まずは洗顔方法を考えましょう。ニキビと洗顔は深い関係で結ばれています。洗顔をすることによって、肌の皮脂が落ちるのでニキビの出来づらい肌にしてくれます。しかし、この洗顔を間違ってしまうと逆効果になってしまうこともあります。

ニキビが出来やすい人の肌というのは敏感肌な方が多いです。ですから、敏感肌の人だからこそ洗顔は気をつけて行わなくてはいけません。以下、洗顔を行う際のポイントとなります。気になる方は、チェックしてみましょう。
nikibi7
 洗顔は、1日に2回行うようにします。朝起きてからと、夜の寝る前というタイミングで顔を洗うようにすると良いです。

 まずは毛穴を広げるために、水ではなくぬるめのお湯で顔を簡単に洗いましょう。この時は、まだぬるま湯だけを顔にかける形です。水でやってしまうと、毛穴が逆に閉じてしまうので注意をしてください。効果的なのはお風呂に入ることです。お風呂の蒸気で毛穴がしっかりと開いてくれるので、お風呂で洗うことが良いです。

 その後、洗顔ネットを使用し、洗顔料を泡立てます。泡立てネットは100円ショップにも売っているもので良いです。洗顔料を泡立てネットで最大限泡立たせます。弾力を感じるほどの泡がベストと言われています。

 その泡を、まずは頬に乗せて円を描くように洗いましょう。泡が消えないようにやさしく泡で洗う感覚で洗うと良いです。泡を潰してしまうと、洗顔料の良さや泡立てが意味のないものになってしまいます。顔で泡を転がしているような感じで洗いましょう。

 そして、ぬるま湯で洗いあげたあと、その後水で流します。こうすることで、毛穴の奥まで洗った状態で毛穴を水で締めることができるのです。

是非、洗顔のあり方を一度再確認していただき、正しい洗顔でニキビを撃退しましょう。