初期段階で撃退を!知っておきたい3つのニキビの種類

ニキビには種類があるのを知っていましたか?きっと自分に出来たニキビを思い出してみると、なるほどと納得がいくはずです。
nikibi2

白ニキビ

白ニキビとは、ぷっくりと肌から突起したニキビの先端に白いポツッとしたものがあるものです。白ニキビは、ニキビの中でも初期状態のニキビといって良いです。毛穴に皮脂が詰まってしまい、皮膚が膨らんでいきます。皮膚の下に皮脂が溜まった状態となり、白く見えるのです。

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビに古い角質やヨゴレ、ほこりや塵などが混ざってしまい酸化してしまうと黒ニキビになってしまいます。黒ニキビは白ニキビよりも少し進行してしまったニキビのことです。

黒ニキビは鼻の周辺にできやすく、目立ってしまいますから厄介に感じてしまう方も多いと思います。でも、潰してしまっては跡になってしまいますから、注意が必要です。

赤ニキビ

赤ニキビは最も悪化してしまったニキビの状態です。痛みを感じることもあります。この原因となってしまっているのが、アクネ菌といわれる菌です。

アクネ菌は、毛穴が詰まった状態になると活発に活動する菌で、皮脂を栄養にして繁殖します。そして、皮脂を刺激物質にするため、炎症を起こしてしまい赤ニキビへと進行してしまうのです。赤ニキビになってしまうと跡に残ってしまう可能性があるので適切なケアをしてください。

このように3種類のニキビがあります。顔にできたニキビの状態がすべて一緒とは限りません。白ニキビも黒ニキビも、赤ニキビもある!なんて方もいるかもしれませんね。適切なケアでニキビがない顔を目指しましょう。とにかくニキビは初期段階のときに撃退することが理想的です。白ニキビからの進行を食い止めてください。