便秘の種類別による原因と治療法

ひとことに便秘と言っても、実は、便秘には様々な種類があります。自分がどのタイプかを把握し、正しい方法で改善するようにしましょう。

8-1

直腸性便秘

便が肛門に一番近い直腸に来ると、通常であれば便意を感じ、トイレに行って便を排出します。しかし、この直腸自体が鈍くなり、便が到達しても便意が起こらない為になる便秘がこの直腸性便秘です。

 普段からトイレに行く時間がなかったり、我慢したりするとこのタイプの便秘にかかりやすいので注意しましょう。
8-2

けいれん性便秘

大腸がけいれんを起こすことで、便が細かく潰され、排出しにくくなるのがこのけいれん性便秘です。コロコロとした小さな固い便が出るようであれば、このタイプの可能性が高いです。

 食後にお腹が痛くなったり、便秘と下痢を繰り返す場合もあります。精神的なストレスなどが原因の場合が多く、過敏性腸症候群なども要因のひとつです。

弛緩性便秘

通常は大腸のぜん動運動によって押し出される便が、腸の動きが弱いためにとどまり続け、水分が吸収されすぎた固い便になることで、余計に出にくくなるのがこの弛緩性便秘です。

 高齢者や女性など、腹筋の力が弱い人に多く見られます。筋力をつけるための運動をしたり、水分と食物繊維を多く取ることで改善することができるので、意識して治しましょう。

症候性便秘

8-3
ポリープや腫瘍、大腸がんや腸官癒着など、腸になんらかの異常があっておこる便秘を、症候性便秘と呼びます。

 これらは病院に行って治療する必要があります。血便や吐き気、ひどい腹痛があり、異常を感じたら、すぐに専門医に診てもらうようにしてください。