豆乳をうまく使って生理前に太るのを抑えよう。

生理前は体重が増加しやすくなりますよね。しかしながら、近頃「豆乳」を生理が始まる1週間程前から飲むことで、生理後に体重がみるみると痩せると話題になっているのをご存じですか?

17生理前に太る方必見!話題の生理前豆乳を美味しく摂取するコツ
豆乳には、蓄積しやすい生理前の余分な脂肪や水分を抑える働きがあるため、生理後にストンと体重が落ちることもよくあるのです。そこで、臭みのある豆乳を美味しく摂取するためのコツをご紹介します。

調整豆乳を飲む

豆乳には、無調整豆乳と調整豆乳という2種類の豆乳が販売されています。豆乳の成分として無調整の方が、栄養素も豊富で余分な糖質などが加えられていないため、美容や健康にはおすすめの豆乳となります。

しかしながら、無調整豆乳は臭みがあるため、豆乳を飲むことに慣れていない方にとっては、とても飲みづらいものです。

そこで、調整豆乳ならバナナ味などフルーツ牛乳のように甘みを感じる飲みやすいタイプもありますので、豆乳の味が苦手な方は調整豆乳を飲みましょう。

豆乳をミルク代わりに利用する

豆乳は文字通り、豆腐の乳と書くように牛乳のように活用することができます。そのため、飲み物や料理で活用しやすいという特徴があります。

例えば、ミルクティーのミルクの代わりに豆乳を少し混ぜて飲んでも美味しいですし、グラタンの生クリームを豆乳で代用しても美味しいです。
ただし、ミルク代わりとして豆乳を利用する時には、無調整タイプの甘みのない豆乳の方が、他の食材と馴染みやすくなります。