生理不順の原因と対策

そろそろ生理が来てもおかしくないのに、生理が来ないと悩んでいる女性は、「生理不順」の主な原因と対策方法をチェックしておきましょう。

15生理が来ない!生理不順の主な原因と対策

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

ストレスを抱えることで、ホルモンバランスが乱れてしまいます。
過度なストレスが慢性的になれば、生理不順の原因になることもあります。そのため、ストレス解消のための軽い運動や、リラクゼーション効果のあるマッサージなど、自分なりのストレス解消法を探しましょう。

ダイエットによる栄養不足

極端な食事制限は、若い世代の女性達の間でとても多い生理不順の原因となります。
成長期にきちんと栄養を摂らない生活を続ければ、不妊症として生殖機能の低下や、様々な病気を引き起こす元となりますので、過度なダイエットは注意しましょう。

女性ホルモンであるエストロゲンの減少

女性ホルモンであるエストロゲンの減少は、生理不順の原因となります。
エストロゲンは、加齢とともに減少傾向にあるため、更年期障害前の中年女性がエストロゲンの減少によって生理不順になることがよくあります。
ただし、エストロゲンの減少は若い女性の間でも、若年性更年期障害や、動脈硬化、高血圧など病気が関わっていることもあるため注意が必要です。

いずれにせよ、生理不順が3カ月以上続いている場合は、そのまま放置してはいけません。原因を安易に考えず、婦人科のある病院できちんと検査を受けるようにしましょう。