女性なら心得るべき旅行時の生理トラブルを防ぐポイント

予定をしていた旅行日に生理日と重なってしまうこともありますよね。
そこで、女性なら心得ておきたい、旅行時の生理トラブルを防ぐためのポイントをまとめてみました。周りに迷惑をかけないためにも、しっかりチェックしておきましょう。

7女性なら心得るべき旅行時の生理トラブルを防ぐポイント

 旅行前の生理用品の準備

生理予定日でなくとも、旅行にはできるだけ生理用品を持参するようにしましょう。「ナプキン」や「サニタリーショーツ」「生理痛の薬」など、最低限対応できる生理用品を持参しておけば、万が一生理になった時にも安心です。

旅行先では、なかなか生理用品が手に入らないこともありますし、体調の変化によって生理が早めに来てしまうこともあります。そのため、突然の生理にも対応できるよう準備を整えておきましょう。

 就寝時に気を付けたいこと

旅行先の旅館やホテルで就寝をする際には、生理の“伝え漏れ”などには十分気を付けましょう。
生理の血液によってシーツを汚してしまわないよう、普段よりガード力の高いナプキンを使用することがポイントです。自宅のように気軽にシーツを洗うことができませんから、多い日は特に気を付けましょう。

 旅行時のタンポンの使用

普段タンポンを付けない女性は、いきなり旅行先でタンポンを付けることは難しいため、何度か練習しておく必要があります。

子宮口に挿入しなければならないタンポンですが、生理時は子宮口が絞まっているため入れづらく、きちんと挿入しきれないケースもよくあります。また、挿入時の不快感から気分が悪くなる場合もありますので、タンポンは慣れている方だけ使用するようにしましょう。