生理前の不眠は解消できる?3つの行動

生理前に眠気を感じる方は多いのですが、中には生理前になると、「不眠」の症状に悩まされているという女性はいませんか?

3眠れないのは何故?生理前の不眠を解消する3つの行動
毎月生理前に限って不眠に陥る女性は、一体何故眠れないのだろう?と不思議に思いますよね。実は、生理前に不眠になってしまう女性の方も、月経前症候群の症状の一つなんです。

不眠の症状は、日中の生活に支障をきたして精神的にも不安定になりがちです。生理前の不眠に悩む方は、不眠を解消するための3つの行動を是非実践してみましょう。

行動1:朝起きたら太陽の光を浴びる

睡眠ホルモンである「メラトニン」は、朝起きた時に太陽の光を浴びることで分泌がストップします。メラトニンの分泌を止めることで、体内時計が正常な働きをするようになりますので、夜になるときちんと眠気を感じるようになります。

行動2:就寝する1時間くらい前にお風呂に入る

就寝する直前ではなく、1時間くらい前にお風呂に入ることを心掛けましょう。
1時間くらい前にお風呂に入ることにより、一旦温まった体温が時間と共に体温が下がっていきます。少しだけ体温が下がった時こそ、人間の体は眠気を感じやすくなると言われていますので、眠りに就きやすいタイミングに布団に入りましょう。

行動3:布団に入る前は部屋を薄暗くしておく

布団に入る1時間くらい前を目安に、部屋の電気を暗めにしておきます。間接照明、または小さな電球のライト程度の明るさにしておくがポイントです。
早めの暗くしておくことで、メラトニンの分泌を促すことができ、布団に入った時には眠りに就きやすくなります。