脱毛サロンに通うなら日焼けに注意!

光脱毛のサロンや、レーザー脱毛のクリニックに通っている方は、夏の紫外線対策を怠らないようにしましょう。日焼けした肌での脱毛時の注意点をまとめてみましたので、うっかり日焼けしてしまう夏シーズンは、是非気を付けてくださいね。
4日焼けした肌は要注意!脱毛サロンに通う時の注意点

日焼けした肌はヤケドの元

レーザーや光技術による脱毛は、黒いものに反応することで、ムダ毛をピンポイントで脱毛していきます。
 そのため、日焼けした肌にも反応してしまうことから、「ヤケド」の元になるので気を付けなければなりません。日焼けサロンの利用はご法度のことながら、夏シーズンは海やプールに出かけることで、お肌が日焼けしてしまうこともありますよね。ですから、脱毛サロンやクリニックに通っている方は、お肌を日焼けから守るよう気を付けてください。

万が一、脱毛中に日焼けをしてしまった場合には、お肌へのダメージを配慮して施術を断られることもあります。予約が無駄にならないよう十分紫外線には注意してください。

日焼けした肌はムダ毛が抜けにくい

脱毛の施術を受ける際には、ムダ毛が抜けやすいようローションケアを行います。
 これは、水分がしっかりと潤った状態の肌の方が、ムダ毛が抜けやすくなるためです。しかし、日焼けをしてしまった肌は、「乾燥状態」にあり、潤い不足を引き起こしています。そのため、ムダ毛が抜けにくくなり、脱毛時に「痛み」を感じやすくなります。痛みを感じるということは、肌負担が大きくなっているということです。

日焼けは個人差があるため、一見わかりにくい方もいますよね。そのため、施術を受けてから肌トラブルを起こして、原因が日焼けによるものだったというケースもありますから、脱毛中は日焼け対策をしっかり行いましょう。