熱いお湯や冷たい水での洗顔は美肌から遠ざかってしまう!?

お肌を綺麗にするための洗顔には、適温というものがあります。その適温以外のお湯や水で洗顔をすることで、美肌から遠ざかってしまうこともあるほどです。かなり繊細な部分ですので、美肌に興味がある方は、参考にしていただければと思います。
46

ぬるま湯で対処しよう

洗顔には“ぬるま湯”が適しています。ですので、熱いお湯や冷水ではいけないということになります。

 まず、熱いお湯は、毛穴を開いて皮脂を取り除くわけですが、毛穴をしっかりと開きすぎて毛穴内にある必要な皮脂まで取り去ってしまいます。熱いお湯にはそういった能力がありますので、気をつけましょう。お湯については、あまり使いすぎない方がいいでしょう。

 では、逆に冷水はどうなのかと言いますと、こちらもお肌に良くありません。冷水には、毛細血管が閉める機能があります。それを見て、お肌が引き締まったような感じがして好感を持つ方もいますが、お肌には良くありません。実は、角質層に刺激が与えられており、その刺激は良いものではありません。刺激が何度も加えられますと、肌の老化が進んでしまいます。

そこで、バランスを取ってぬるま湯となります。ぬるま湯を使って顔を洗うことで、お肌への刺激も少ないのです。そして、程よく皮脂を取ることにつながるというわけです。

ぬるま湯の温度とは

ぬるま湯の温度ですが、基本的には体温程度です。34度くらい~37度程度です。お風呂のお湯よりはぬるいと感じるような温度のお湯で、顔を洗うと良いでしょう。最初は感覚的に難しいので水温用の温度計などを利用しても良いかもしれません。