ホルモンバランスを整えることが重要

人が夜になると眠くなるのは、睡眠を司るホルモンの分泌が関係しています。そのホルモンの影響を得て眠気が誘われ、正しい睡眠をとることができるのです。

15

しかし、ホルモンバランスが崩れるとどうなるでしょう。

女性が妊娠して黄体ホルモンの分泌が促進され、シミやニキビなどの肌トラブルを招くように、睡眠ホルモンのバランスが乱れると、眠れなくなったり夜中に何度も目が覚めたりと、不眠の症状が現れてきます。

それでは、睡眠ホルモンのバランスを整えるにはどうしたら良いのでしょうか?

睡眠ホルモン“メラトニン”とは

脳の松果体(しょうかたい)から分泌されるのがメラトニンというホルモンです。メラトニンは眠気を誘う作用を持っています。本来メラトニンは夜になると分泌が促され、朝の太陽の光を浴びると分泌が止まります。そして、分泌が止まってから15時間ほど経つと再びメラトニンの分泌が始まるようにできています。
メラトニンは光に敏感

太陽の光を浴びるとメラトニンの分泌が止まるように、メラトニンは網膜から受けた光の量で分泌量が変わります。そのため、夜中に家の照明を浴びているとメラトニンの分泌が止まるので、眠りに入りにくくなります。夜更かしを連日のように続けていると不眠の原因になるでしょう。

暗い部屋にいればいいの?
光の量によって左右されるメラトニンではありますが、朝、太陽の光が目に入ってから15時間程度経たないとメラトニンは分泌されません。朝起きて太陽の光を浴びて、間もなく暗い部屋に入ったとしても睡眠ホルモンのメラトニンは分泌されないというわけです。

規則正しい生活が大切

メラトニンの分泌を正常にし、不眠症を改善するためには毎日決まった時間に就寝し、決まった時間に起床することが大切です。すぐに、ホルモンバランスが整うわけではありませんので、根気よく習慣的に続けるようにしましょう。

不眠症の原因は、会社のストレスや家事・育児の疲労、運動不足など、意識できるものばかりだと思っていました。確かに、これらが元で睡眠ホルモンのバランスが崩れていたようですね。