長期間残ってしまうことも!?色素沈着型ニキビの対処法

ニキビには恐ろしいことに、色素沈着を起こしてしまう場合があります。ニキビ跡が茶色くなってしまうわけです。いわゆるシミのような形で、ニキビ跡が残ってしまいます。美肌にも美白にも影響があるタイプのニキビ跡です。
43
そのような色素沈着型のニキビになってしまうことを予防したり、早く直したりということを考えて対策を練っていきましょう。対策法を知っておけば、早めにこちらのニキビ跡を対処することも十分に可能です。

色素沈着型のニキビ跡が残るメカニズム

なぜ、色素沈着型のニキビ跡ができるのか、ということも考える必要があります。いくつか理由があるのですが、ニキビの赤い炎症が関連しています。その赤みが残ってしまい、茶色く色素沈着を起こします。擦り傷などをした時にも、茶色くお肌に残ってしまうことがあるでしょう。そういったものと似たような感覚になります。

その色素沈着型のニキビ跡は、期間としては“2年から3年程度”残ってしまうこともあります。注意しなければいけません。

色素沈着型のニキビ跡を治す方法

色素沈着型のニキビ跡対策としては、まず、紫外線対策があります。ニキビ跡をさらに紫外線にさらすと余計にシミが出てきてしまいます。ですので、UVカットがしっかりとされている化粧品で対処してください。美白対策になりますし、色素沈着タイプのニキビ跡にも良い対策になります。

また、お金はかかりますが、ケミカルピーリングもお勧めです。そちらを受けてお肌の角質を取ることで、色素沈着部分がはがれることもあります。どんどん薄くなることもあります。ケミカルピーリングは、美容外科などで受けることができる施術です。興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。